腸に近づくプログラム/妖怪の裁判官、ダラシ

妖怪

妖怪の裁判官さんは、

 

ダラシという名前です.

 

5.  教えを守るのは、大変で苦しむと知る

宗教や、何かの先生から教えて貰った事を、懸命にやってみた結果…

どうでしたか?

…という事です。

私も、仏教を懸命にやった結果…救われると信じていましたが、

結局、山あり谷あり。

修行は当たり前。

いい事があれば、悪い事がくる。

悪い事がくるのが怖くてたまらない…

そして、又、仏様に拝む。

お金もかかります。

お布施、お賽銭、供養代、お墓…見えないお金…わからない、意味のないお金を永遠に支払い続ける…

たくさんの疑問が湧きました。

ずっと、真剣にやっていたからこそ、不幸に突き落とされた時に…

 

なんだこれ?一つも救われてないやん。

次第に…疑いの心が生まれてきました。

…これは、私が真剣にやったからこそ、気づいた事でした。

中途半端にやっていたら、ここまで思っていなかったと思います。

 

 

6. また、自分の悩みを知る

これ…先程お話ししていた私の思いです。

あれは?

洗脳だったのか…?

何も教えて下さっていた先生に対してではなく、

今迄のこの国が、ずっとそれを疑いもせず、当たり前…と思い、信じていた。

お墓に誰も、何もいないのに…ただその墓石を故人と思い込み拝んでいました。

これは、2022年に腸が地球に降りて来られて、色んな話しを聞いたから

出た考えです。

こんな事を教えて貰わなければ、ずっと修行は当たり前、

人生こんなもの、こんなもの…と、死ぬまで思いながら絶え偲んでいたと思います…

 

また、自分の悩みをを知る…何回も何回も、自分の悩みを掘り下げてみてください。

 

最初に悩みだと思っていたのは、全然違っていたとわかるはずですよ😁



タイトルとURLをコピーしました