お墓問題、(腸を知って今、私が思う事)

神様(腸)

 

羽鳥さんのモーニングショーで、

お墓問題を取り上げていました。

…この問題に対して、私は凄く腸に聞きたいのですが、オンラインサロンで質問しても、中々順番が回って来ず、

モヤっとしています。

以前、私は仏教を思いっきり勉強していました。

お墓は絶対に必要で、死んだ後は50年間拝む。

7回忌、13回忌、…とずーっと続きます。

…お墓にその人は居ないのに…

生まれ変わっている場合が多く、もしくは、地獄に行っている…。

以前、

腸がお墓に猫や犬が多いのは、波動が全くない為、あの子達は、安心していれる場所です。

と言っていました。

…邪気が無い、霊がいないという事。

え!?   と思いました。

骨が置いている場所、

私達が死んで、魂が抜けた入れ物なのです。

…なので、何の意味もないではないか?

…こんな事を言うと、かなりお寺の方には批判されるかもしれませんが…腸を知ってからの素直な意見です。

…何に対して拝んで、何に対してお金を払っているのか?

散骨は、絶対にいけないと教えられました。

…今では、自分の好きな場所に散骨して欲しい…と思っているくらいです。

今後、このお墓問題はかなりクローズアップされてくると思います。

何故なら、変わってきているからです。

昔の悪魔と新しい悪魔のやり方が。

そして、数少ない腸派の人達も、今までのやり方がおかしいと気づいたからです。

…当たり前が、当たり前じゃなかった。

当たり前を疑え。

流れに身を任せてはいけない。

自分でしっかりと考え、深く深く、一つ一つそのことの意味を考える。

…何か、間違っていないか?

真顔



タイトルとURLをコピーしました